マウイと太陽

昔々、世界は暗かったです。人々は、夜には何もできずに眠っていました。そんなある日、マウイという英雄が生まれました。

マウイは、太陽が速く移動しているのを見て、その速さに不満を持ちました。太陽が速く移動するため、昼間が短く、人々は十分に働けませんでした。

マウイは、太陽を遅くする方法を考えました。彼は、長い縄を作り、それを太陽に縛り付けました。そして、太陽が上がったときに、マウイは太陽を引っ張り、太陽を遅くしました。

太陽が遅くなったため、昼間が長くなり、人々はより多くのことをすることができるようになりました。しかし、太陽が遅くなりすぎて、昼間があまりにも長くなってしまいました。

マウイは、再び長い縄を作り、太陽に縛り付けました。そして、太陽が沈むときに、彼は太陽を引っ張って、太陽を速くしました。

太陽が速くなったため、昼間が短くなり、人々は十分に休むことができるようになりました。

それ以来、太陽は、毎日定期的に昇り、降りるようになりました。マウイの勇敢さと賢さによって、人々はより幸せに生活することができるようになりました。

戻る