ブリアーラビットとハチミツの木

ある日、ブリアーラビットは、森の中で素敵な香りを嗅ぎました。その香りがハチミツの香りだと分かり、彼はハチミツを食べたいと思いました。そこで、彼はハチミツの木に登り始めました。しかし、彼はうまく登れず、木の上に取り残されてしまいました。

そこで、ブリアーラビットは、森の中の仲間たちに助けを求めました。彼は、ブリアーフォックスとブリアーウルフに助けを求めましたが、彼らは彼を助けることを拒否しました。そこで、彼はブリアーサポスに助けを求めました。ブリアーサポスは、彼に一緒に協力してハチミツを食べようと提案しました。

彼らは、ハチミツの木に登って、ハチミツを食べ始めました。ブリアーラビットは、仲間たちと協力することで、ハチミツを手に入れることができました。そして、彼らはハチミツを分け合って食べました。

戻る