ブリアーラビットとブリアーフォックス ~アンクルレムスの物語より

ある日、ブリアーラビットは、ブリアーフォックスに呼び出されました。「お前を食べようと思って、お前を呼んだんだ」とブリアーフォックスが言います。「でも、お前にチャンスをやるよ。森の中にあるジャガイモ畑に、明日早朝に行って、ジャガイモを取ってこい。もし1日中かかっても取って来られなかったら、お前を食べちゃうからな」と脅します。

ブリアーラビットは、困り果てます。しかし、彼は賢いラビットでした。彼は、ブリアーフォックスに「私はあなたに逆らえませんが、私にジャガイモを取る方法を教えてください」と言います。「それは簡単だよ」とブリアーフォックスが答えます。「ジャガイモ畑に行って、ジャガイモを掘り起こして、それを袋に詰めて、家に持って帰ればいいんだよ」。

「そうですか」とブリアーラビットは言います。「それは本当に簡単ですね。でも、私はちょっと忘れっぽいので、あなたがもう一度教えてくれませんか?」と頼みます。ブリアーフォックスはもう一度教えてくれますが、ブリアーラビットは再び聞き逃してしまいます。

翌朝、ブリアーラビットはジャガイモ畑に向かいました。そこで、彼はジャガイモを掘り起こし、袋に詰め始めました。その途中で、彼はやって来たブリアーフォックスに出くわします。ブリアーラビットは、ブリアーフォックスが近づいて来た時に、袋に穴を開け、ジャガイモをすべて落としてしまいます。

ブリアーフォックスは、「お前はもう一度やってやるように言ったじゃないか。これでお前は私のおいしい食べ物だ」と言って怒ります。しかし、ブリアーラビットは、「私が忘れっぽいことを知っているのに、あなたは私に重要な仕事を与えました。それは間違いだったでしょう。私がジャガイイモを取れるようにならなかったのは、あなたが教え方が下手だったからだと思います。だから、もう一度正しいやり方を教えてもらえますか?」と言います。

ブリアーフォックスは、ブリアーラビットが自分に騙されたと気づき、腹を立てますが、再びジャガイモを取る方法を教えてしまいます。そして、ブリアーラビットは再びジャガイモを取り始めます。ブリアーフォックスは、ブリアーラビットが取り終えるのを待ちきれずに、近づいて袋を開けると、中にはジャガイモの代わりに石が詰められていました。

「お前が私を騙したことを知っているぞ。もう二度と私を騙そうとはするな」とブリアーフォックスは言いながら、森の中を走り去っていきました。

戻る