アンビアラナ ~マダガスカルの昔話~

昔々、マダガスカルのある村に、ブタの飼い主である男が住んでいました。ある日、彼は市場に行って、ブタを売ろうとしました。しかし、市場で彼を待ち受けていたのは、強欲な商人でした。商人は、ブタを安く買おうとして、飼い主をだまそうとしました。

飼い主は、商人の策略に気づきましたが、どうにもできずにブタを売ってしまいました。彼は家に帰り、悔しくて泣き始めました。すると、森の中からアンビアラナというラッコが現れました。彼女は、飼い主に「あなたは、なぜ泣いているのですか?」と尋ねました。

飼い主は、商人にだまされてブタを売ってしまったことをアンビアラナに話しました。アンビアラナは、彼を励まし、「私たちの仲間たちと一緒に、商人たちを倒すことができます。あなたは、私たちにブタを提供し、私たちは、あなたを助けます」と言いました。

飼い主は、アンビアラナたちの助けを借りて、商人たちを打ち負かしました。アンビアラナは、飼い主と仲間たちの勇気と協力に感銘を受け、彼らに友情を示しました。

戻る